車を高く売却するためのポイントを紹介します

SATEI BANK

お問い合わせはこちら

 

車買取の査定バンク  車を高く売却するポイント

車を高く売るために

セールスマンになる

大切にした事をアピール

「オイルは5000kmごとに交換してきた」「整備はずっとディーラーにしか出したことがない」「洗車は必ず手洗い洗車でした」などなど、
査定士にどれだけ高く売却出来るポイントや愛車を大切にしてきたかをアピールしましょう。
また遠乗り中心で高速道路ばかり走ったのであれば、それもアピールポイントになります。なぜなら街乗り中心の車は、ストップアンドゴーが
多いため、同じ走行距離なら、程度は高速道路メインの車の方が良いと言われているからです。

洗車をしてから見てもらう

ずっと大切にしてきた証明として、洗車してから、見てもらいましょう。いくら「愛車を大切にしてきました」と言っても、車が汚れたままでは、
大切にしてきたとは思ってもらえません。外も室内も、きれいにしておけば大事にしてきた事をアピールできます。
また汚れたりしていると査定士は「もしかしたら傷や、へこみを隠したいのかな」と思うかもしれません。高査定を出して売却させるためには、
良い印象も大切です。

本当の事を言う

特に多いのが、傷やへこみを直しているのに「修理したことはない」と言うこと。相手はプロです。プロが見れば修復歴など必ずわかります。
もしそこでウソをつくと、全てがウソのように思われかねません。結果、かえって高査定が望めなくなります。逆の立場で考えてみれば、
わかることです。
もしご自分がウソをつくようなセールスマンからモノを買いたいでしょうか?考えてしまいますよね。修理歴は正直に話して印象を良くした方が
結果的にはお得な売却ができます。

他店の査定額や、諸条件を伝える

高くて、更によい条件で売る目的のセールスマンである以上、「他では・・万円だった」と査定額を伝えたり、「代車を貸してくれる」、
「ローンの精算も無料でしてくれる」など、出してもらっている条件を伝えるのはよいと思います。もし他店にもって行かれたくなければ、
「だったら、うちも…」と査定額を上げてきたり、同じ条件に、してくれるかもしれません。
ただし注意したいのは、ここでもウソです。「いくらなんでも、その金額はあり得ない」「そんな条件が、できるわけがない」などは、
査定士やその会社の人なら、すぐわかるし失笑を買うだけです。
「では、そちらでどうぞ」 「うちは、今回おりることにします。」と言われるのがオチです。駆け引きはほどほどに。

査定ご依頼フォームへ

電話番号